ありちゃんの気まぐれブログ

〜役立つ情報を毎日気まぐれに更新中〜

【部屋が寒い原因は窓・壁・床!簡単にできる部屋の防寒対策とおすすめアイテム5選】

f:id:pipipipika:20220126114244p:plain

こんにちは、ありちゃん(@mmx_mzk)です。

『暖房をつけても、部屋が寒い!』と悩んだことはありませんか?

部屋が暖まらないからと言って、暖房に頼りっぱなしだと電気代が気になりますよね。逆に、節約のために暖房をつけず寒さを我慢していると体調不良になり兼ねません。

暖房器具を使っても部屋が暖まらない場合は、部屋の冷えの原因を特定してしっかりと対処する必要があります。

こちらでは、

  • 部屋が寒い原因
  • 部屋の防寒対策
  • 部屋の冷え対策におすすめのアイテム
  • 寒さを感じにくい部屋選びのコツ

をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋が寒い原因

f:id:pipipipika:20220123211322j:plain

部屋が寒い原因

早速、部屋が寒い原因を見てみましょう。

☆部屋が寒い原因①窓

部屋が寒い原因その①は、

室内の暖かい空気を最も逃しやすい場所は、何を隠そう窓だと言われています。昔ながらの1枚ガラスでできた窓は断熱性が低いため、暖かい空気が逃げやすく、外の冷気が入り込みやすいのです。

また、断熱性が低い窓はコールドドラフトの原因にもなります。

コールドドラフトとは、暖房による暖かい空気が窓や壁に当たって急激に冷え、その冷気が下降して足元(床)に広がる現象のこと。

このコールドドラフト現象により、部屋の中が暖かい空気の層(部屋上部)と冷たい空気の層(部屋下部)の2層に分かれると、暖房をつけていても足元(床)が冷えると言う状態に…。

部屋が寒い原因は窓であることが多いので、暖房をつけていても『寒いな』と感じる場合、窓にしっかりと防寒対策を施す必要があります。

☆部屋が寒い原因②壁

部屋が寒い原因その②は、

最近の建物は、壁に断熱性の高い素材を使われていることも多いですが、築年数の経過した建物は断熱処理がされていなかったり、断熱性の高い素材を使っていたとしても、建物経年劣化によりその効果が半減してしまうことも珍しくありません。

先にご紹介したように、断熱性の低い窓・壁はコールドドラフトの原因にもなるので、意外と見落としがちなポイントではありますが、壁にもしっかりと防寒対策を施しましょう!

☆部屋が寒い原因③床

部屋が寒い原因その③は、

フローリングの床は断熱性が低く、冷気が伝わりやすいとされています。

冬に裸足でフローリングを歩くと、足がひんやりとして体全体に冷えが伝わってきますよね。コールドドラフト現象によって冷える上に、冷気が伝わりやすく、且つ窓や壁と違って部屋の中でも触れることが多い床は、特に冷え性の人なら防寒対策は必須です。

部屋の防寒対策

f:id:pipipipika:20220118231931j:plain

部屋の防寒対策

【部屋が寒い原因】でご紹介したように、部屋が寒い主な原因は

にあります。それぞれどんな対策をすれば、部屋の寒さを解消できるのでしょうか。

続いては、部屋の防寒対策をご紹介します。

☆部屋の防寒対策①窓編

1枚ガラスの窓の場合、断熱性の高い窓に取り替えるとよいのですが、窓自体を取り替えるのは簡単なことではありませんよね。1枚ガラスの窓にも、断熱性の高い窓にも簡単に行える防寒対策はズバリ、カーテンを変えることです。

薄手のカーテンや幅・丈の合っていないカーテンは外からの冷気を通しやすいため、窓全体をカバーできる厚手のカーテンに変えて寒さを防ぎましょう。

厚手のカーテンは防寒対策の他、防音効果や夏場の熱気を抑える効果も期待されるため、季節を問わず1年中使うことができますよ♡

☆部屋の防寒対策②壁編

壁への防寒対策と言っても、窓の防寒対策とは異なりイメージが湧きにくいかもしれません。

壁は断熱シートを貼って冷気を遮断するとよいでしょう。プチプチ(緩衝材)で代用してもOKです。壁に断熱シートや緩衝材を貼ることで空気の層ができ、暖かい空気を逃がしにくく冷気を入り込みにくくすることができるのです。

また、壁の防寒対策には、家具と壁の間にダンボールを挟むと言う方法もあります。比較的簡単にできる対策法なのでぜひ、お試しあれ♡

☆部屋の防寒対策③床編

暖房によって部屋が暖まっても、床の冷たさが気になることは少なくありません。カーペットを敷いて、肌と床が直接触れないようにしましょう。

カーペットを敷くことで、足から全身に伝わる冷えを防ぐことができます。EVA樹脂素材のコルクマット・ジョイントマットでも◎。

部屋の冷え対策におすすめのアイテム

f:id:pipipipika:20220118231453j:plain

部屋の冷え対策におすすめのアイテム

続いては、部屋の冷え対策におすすめのアイテムをご紹介します。

部屋が寒い原因の窓、床に直接使用するアイテムや他にもさまざまな部屋の冷え対策におすすめのアイテムをご紹介するので、チェックしてみてくださいね!

☆部屋の冷え対策におすすめのアイテム①サーキュレーター

暖房による暖かい空気は部屋の上部に、冷気は部屋の下部に溜まる現象・コールドドラフトによって、室内の温度にはムラが生じます。

部屋の温度を一定にするためには、サーキュレーターを使いましょう! サーキュレータを使って暖かい空気を部屋全体に循環させることで、足元にも暖かい空気が行き渡り、部屋の温度のムラを解消することができます。

サーキュレーターの使い方のポイントは、エアコンの真下に置いて、上向きに風を送ること。そうすることで部屋の空気が循環して、部屋全体を暖められますよ♡

購入はこちら

☆部屋の冷え対策におすすめのアイテム②カーペット

冷気が伝わりやすいフローリングの床は、カーペットを敷いて防寒対策をしましょう。

電気カーペットを使用すれば、すぐに冷たい床を暖めることができますが、やはり電気代が気になりますよね。電気カーペットでなくとも、保湿性の高いウールなどの羊毛素材で作られたカーペットなら極力お金をかけずに、冷えを解消することができますよ!

購入はこちら

☆部屋の冷え対策におすすめのアイテム③カーテン

窓の幅・丈に合った厚手のカーテンを取り付け、暖房の暖かい空気が逃げないように、外の冷気を取り込まないようにしましょう。

おすすめは、コットン製のドレープカーテンです。防寒効果が高いだけでなく、調湿作用が優れているため室内の湿度を一定に保つことができます。

また、レースカーテンと組み合わせることで、カーテンとカーテンの間に空気の層ができ、断熱材のような役割を果たすため、保温性のアップが可能です♡

購入はこちら

☆部屋の冷え対策におすすめのアイテム④アルミシート

床の冷えを解消するためにカーペットを敷くと言う方法がありますが、カーペットの下にアルミシートを敷くとより高い防寒効果が期待できます。

アルミシートは、

  • アルミ蒸着フィルム
  • 発泡ポリエチレン層

が組み合わさってできており、2つの熱を反射させる効果熱を逃さないようにする効果により、暖かさが持続するのです。この効果によって、電気カーペットにも劣らない暖かさが実現できます。

アルミシートは百均でも手に入るので、床の防寒対策をする際はチェックしてみてはいかがでしょうか?

購入はこちら

☆部屋の冷え対策におすすめのアイテム⑤ルームシューズ

部屋に使うアイテム以外にも、冷えを対策するのにおすすめのアイテムがあります。それが、こちらのルームシューズです。

先にご紹介したように、カーペットを敷くことで床の防寒対策を行うのも1つの手ですが、部屋の形によってはカーペットが敷きづらいこともあるでしょう。ルームシューズなら部屋の形も関係なく、いつでも足元をポカポカと暖めてくれます♡

購入はこちら

寒さを感じにくい部屋選びのコツ

f:id:pipipipika:20220118230348j:plain

寒さを感じにくい部屋選びのコツ

寒がりな人は、部屋探しの段階から寒さを感じにくい部屋を選ぶのも手です。

続いては、寒さを感じにくい部屋選びのコツをご紹介します。

☆寒さを感じにくい部屋選びのコツ①鉄筋コンクリート構造の物件を選ぶ

建物構造は、

さまざまな種類がありますが、寒さを感じにくい部屋を選ぶのであれば鉄筋コンクリート構造の物件がよいでしょう。鉄筋コンクリート構造の建物は、木造や鉄骨造よりも気密性・断熱性に優れており、寒さを感じにくいのです。

☆寒さを感じにくい部屋選びのコツ②四方を囲われた物件を選ぶ

物件では角部屋が人気を集めますが、寒さ対策の観点から言うと上下左右・四方を囲われた中部屋がおすすめです。

角部屋よりも中部屋の方が、隣接する部屋により外気の影響を受けにくく、室内が暖まりやすいので光熱費を抑えることができ、節約にもなります。

角部屋、中部屋ともにメリット・デメリットはありますが、寒さを感じにくい部屋選びであれば中部屋に軍配があがるでしょう。

☆寒さを感じにくい部屋選びのコツ③南向きの物件を選ぶ

南向きの物件は日当たりがいいことで知られています。

日当たりがよく、室内に十分に光が差し込む部屋は冬でも暖かさを感じやすいので、部屋の寒さが気になる人にぴったりです! 日当たりのいい部屋は湿気が溜まりにくいため、カビが発生しにくいと言うメリットも。

ただし、日当たりがいい南向きの物件は人気が集まりやすいため、賃料が高くなりやすい傾向があります。

部屋の寒さを防いで、冬も快適に過ごしましょう!

部屋が寒い原因、そして防寒対策についてご紹介しました。

にしっかりと防寒対策をすれば、寒さに悩まされることが減って冬も快適に過ごせるはず。今回ご紹介した防寒対策はどれも簡単にできるので、ぜひ取り入れてみてくださいね!


  • ダイエット向きの食材紹介
  • 効果のあるダイエット方法
  • ヘルシーなダイエットレシピなど、

ダイエットに励むあなたの知りたい!を解決するブログ

【ありちゃんのダイエットブログ】もよろしくお願いします。

arichanxdietxx.hatenablog.jp