ありちゃんの気まぐれブログ

〜女性に役立つ情報を毎日気まぐれに更新中〜

【豆乳が美容・健康に与える8つの効果|効果的な飲むタイミング、飲むときの注意点etc.】

f:id:pipipipika:20210826184711p:plain

こんにちは、ありちゃん(@mmx_mzk)です。

今回は豆乳が美容・健康に与える8つの効果をご紹介します。

豆乳と牛乳の違い

f:id:pipipipika:20210826094953j:plain

豆乳と牛乳の違い

豆乳とよく似た飲み物に牛乳があります。豆乳と牛乳は、含まれている栄養素の量に違いがあるのです。

実は豆乳と牛乳は、カロリーやたんぱく質にはあまり差がありません。

無調整豆乳(100ml)…45.9kcal / 3.6g

調整豆乳 (100ml)…64.1kcal / 3.2g

牛乳   (100ml)…66.9kcal / 3.3g

しかし、含まれているカルシウムと鉄分に大きな違いがあります。

牛乳に含まれるカルシウムは110mgですが、調整豆乳は31mg、無調整豆乳は15mg。鉄分は牛乳0.02gに対して、調整豆乳と無調整豆乳にはともに1.2g含まれています。

豆乳と牛乳どちらを飲むか迷ったときは、どの栄養素を摂りたいかに合わせて選ぶとよいでしょう。

豆乳の効果〜美容編〜

f:id:pipipipika:20210826101121j:plain

豆乳の効果〜美容編〜

豆乳には美容に嬉しい果がたくさんあります。

  • 美肌効果
  • 美髪効果
  • 薄毛予防

豆乳が与える美容効果は『大豆イソフラボン』がポイントになりますよ。

それでは、1つずつ詳しく見てみましょう!

☆豆乳の効果〜美容編〜①美肌効果

豆乳には美肌効果が期待されています。

が荒れたり、乾燥したり…、これらの肌トラブルは女性ホルモンによるものかもしれません。と言うのも、は女性ホルモンと密接な関係があり、女性ホルモンの周期に合わせての状態も変化をしています。

女性ホルモンが減少する月経期や黄体期後期は、肌トラブルが起こりやすいとされていますが、豆乳に含まれている『大豆イソフラボン』が女性ホルモンと似た働きを行うため、豆乳を飲むことで肌トラブルを起こしやすい時期も美肌を保つことが可能です。

☆豆乳の効果〜美容編〜②美髪効果

豆乳に含まれる『大豆イソフラボン』には、潤いやツヤのある美髪を保つ効果も期待されています。

髪は女の命! 豆乳を飲んで、美しい髪を手に入れましょう♪

☆豆乳の効果〜美容編〜③薄毛予防

豆乳は、美髪効果だけでなく薄毛予防にも効果的なのです!

豆乳に含まれる『大豆イソフラボン』には、抜け毛・薄毛の原因となる『5αリダクターゼ(還元酵素)』を抑制する効果が期待されています。

加えて、豆乳に含まれる『大豆たんぱく質』は、髪の成長に欠かせない栄養素となり『レチシン』『リノール酸』『ビタミン類』には髪に栄養を運ぶ働きがあるので、豆乳には薄毛予防にも効果が期待できるのです。

豆乳の効果〜健康編〜

f:id:pipipipika:20210826101426j:plain

豆乳の効果〜健康編〜

豆乳は美容だけでなく、健康にも嬉しい効果が期待できます。

  • ダイエット効果
  • 便秘解消
  • 貧血予防
  • 高血圧予防
  • 生理痛の緩和

☆豆乳の効果〜健康編〜①ダイエット効果

豆乳にはコレステロール中性脂肪など、血液中に含まれる余分な脂質を流す『サポニン』と言う栄養素が含まれており、この『サポニン』によりダイエット効果が期待できます。

また、豆乳にはダイエットの強い味方になる『たんぱく質』が豊富に含まれています。『たんぱく質』を摂取することで筋肉量の増加に繋がり、筋肉量が増えると基礎代謝があがって脂肪が燃焼しやすい体になるとされていますよ。

豆乳に含まれる『大豆たんぱく質』は、体内での吸収・分解に時間がかかるので、間食防止にも効果的です。

☆豆乳の効果〜健康編〜②便秘解消

豆乳に含まれる『オリゴ糖』には、腸内環境を整えて便通を促す効果が期待されています。これは『オリゴ糖』がビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となり、善玉菌が増えることで腸壁が刺激されて、お通じがよくなることによるもの。

豆乳を飲むことで、薬に頼ることなく便秘が解消できますよ!

☆豆乳の効果〜健康編〜③貧血予防

貧血とは、血液中の『ヘモグロビン』が減少した状態のこと。貧血の90%は『ヘモグロビン』の重要な材料の1つ『鉄分』が不足することによる鉄欠乏性貧血と言われています。

豆乳と牛乳の違い】でご紹介したように、豆乳には『鉄分』が含まれているので貧血予防にも役立ちます。

☆豆乳の効果〜健康編〜④高血圧予防

日本人は血圧をあげる作用のある『ナトリウム』の摂取が先進国の中で最も高いとされているので、高血圧で悩む人が非常に多いのです。『ナトリウム』は塩、醤油、味噌、ハム、ウインナーなど、日常で摂取する機会の多い食材に含まれています。

豆乳に含まれる『カリウム』と言うミネラルには、血圧を安定させる働きと細胞を元気にする働きが期待されており、体内の『ナトリウム』が過剰にならないように排出させるので、血圧を正常に保つことができます。

☆豆乳の効果〜健康編〜⑤生理痛の緩和

豆乳に含まれる、女性ホルモンと似た働きを行う『大豆イソフラボン』によって、生理痛を緩和する効果が期待されています。 

生理痛が起こる原因は、女性ホルモンの『エストロゲン』が不足することと考えられているので、豆乳を飲んで『大豆イソフラボン』を補給することで、つらい生理痛を緩和することができるのです。

豆乳を飲むタイミング

f:id:pipipipika:20210826103835j:plain

豆乳を飲むタイミング

豆乳を飲むタイミングは、特に決まりはありません。強いて言うなら、期待する効果に合わせて豆乳を飲むのがおすすめです。

例えば、ダイエット効果を目的として豆乳を飲むのであれば、食前に飲むとよいでしょう。食前に豆乳を飲むことで、満腹中枢が刺激されて食べすぎを防ぐことができます。

便秘解消を目的として豆乳を飲むのであれば、起床後がおすすめ。起床後すぐに豆乳を飲むことで、朝から自然にお腹をスッキリさせることができますよ!

豆乳を飲むときの注意点

f:id:pipipipika:20210826145712j:plain

豆乳を飲むときの注意点

豆乳は美容にも健康にも嬉しい効果が期待できることが分かりました。しかし、豆乳を飲むときの注意点として、飲みすぎには気をつけましょう。美容や健康に効果があるからと言って豆乳を飲みすぎてしまうと、逆に体に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

豆乳には『大豆イソフラボン』が含まれていますが、『大豆イソフラボン』を過剰摂取すると女性ホルモンのバランスを崩すことになり兼ねません。女性ホルモンのバランスが崩れると、肌荒れや生理不順を起こす可能性が考えられます。

豆乳の1日の摂取目安は600mlまでとされているので、必ず摂取目安を守って飲むようにしましょう!

また、果汁やコーヒーなどを加えた豆乳飲料は、飲みやすい代わりに糖分がたっぷりと含まれています。無調整豆乳と比べると、豆乳飲料には糖質が5倍近く多く含まれているのです! ダイエット目的で豆乳を飲むのであれば、無調整豆乳がおすすめですよ♪


豆乳が美容・健康に与える8つの効果をご紹介しました。

豆乳は、

  • いつまでも美しさを保ちたい女性
  • 便秘や高血圧が気になる高齢者
  • お腹周りのお肉が気になるダイエッターなど…

幅広い人に役立つ飲み物です。

毎日豆乳を飲むことを習慣づけて、美容・健康維持に役立ててくださいね!


  • ダイエット向きの食材紹介
  • 効果のあるダイエット方法
  • ヘルシーなダイエットレシピなど、

ダイエットに励むあなたの知りたい!を解決するブログ

【ありちゃんのダイエットブログ】もよろしくお願いします。

arichanxdietxx.hatenablog.jp